「音に出会った日・秋霜」他 本日の入荷情報

秘録 CIAの対テロ戦争――アルカイダからイスラム国まで 単行本

– 2016/5/6
マイケル・モレル (著), 月沢李歌子 (翻訳)

9.11、イラク戦争、ビンラディン暗殺、イスラム国台頭…。アメリカはなぜ失敗を繰り返したのか。15年間イスラム過激派を徹底的に追跡してきた元CIA長官代行が、内幕を明かす。イスラム国やシリア、イラク、アフガニスタンの今後についても鋭く予測。現代の国際テロを考える上で必読の書!

音に出会った日 単行本

– 2016/5/2
ジョー・ミルン (著), 加藤 洋子 (翻訳)

生後16カ月で“全聾”と診断されたジョー・ミルンは心ない差別やいじめ、数え切れない程の苦難に立ち向かいながら一歩一歩、自立した大人の女性へと成長していった。しかし、30代にさしかかったある日アッシャー症候群という進行性の難病を宣告されてしまう。音だけでなく、いつか光までも失うかもしれない…新たな試練、不安と恐怖に苦しむ日々。そして、運命の出会いが訪れる―

SUPER BOSS (スーパーボス) 単行本

– 2016/4/1
シドニー・フィンケルシュタイン (著), 門脇弘典 (翻訳)

スーパーボスとは―部下や弟子を次々と育てて、成功させる偉大なコーチ、才能の発掘者。部下や弟子のやる気を出させ、指導し、こき使って本人の限界を超えさせる。あふれる情熱を持ち、有能な人材を見出す目利きでもある。リスクを恐れず、経験が浅い部下にも大きな仕事を任せる。特に優秀な部下には、独立を勧めることもある。彼らが外部で活躍するとスーパーボスの評判はさらに上がり、有能な人がスーパーボスに惹きつけられて集まり、さらに成功を遂げる。

王陽明 その人と思想 単行本

– 2016/5/30
安岡正篤 (著)

王陽明の人と思想に学ぶ人物修養の道。

【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 たまらなくグッドバイ 単行本

– 2016/3/11

28年前、八百長疑惑をかけられてみずから命を絶った伝説の左腕投手K・M。
四半世紀後、行方不明になっていた1500奪三振の記念ボールが発見されたのをきっかけに、彼を再評価する動きが広まる。作家の芹沢真一郎は、K・Mの伝記を書くべく関係者たちのもとを取材して回るが、彼にまつわるエピソードにはいくつもの謎があった。誤審に抗議した相手チームの監督はなぜ急に引き下がったのか。Kと同室だった男はなぜ異変を無視したのか。そして、八百長疑惑の真相は?

サブマリン 単行本

– 2016/3/30
伊坂 幸太郎 (著)

『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。

防諜捜査 単行本

– 2016/4/20
今野 敏 (著)

ロシア人ホステスの轢死事件が発生。事件はロシア人の殺し屋による暗殺だという証言者が現れた。倉島警部補シリーズ、待望の最新刊!

秋霜 単行本

– 2016/5/11
葉室 麟 (著)

一揆から三年、豊後羽根藩の欅屋敷で孤児を見守り平穏に暮らす楓の許を、謎の男草薙小平太が訪れる。彼には楓の元夫で、大功を挙げた後、藩主・三浦兼清の旧悪を難じ上意討ちに遭った前家老・多聞隼人と因縁があった。だが、楓と出会った刹那、小平太の中に一つの想いが芽生える。やがて兼清の罪を断じ羽根藩の改易を目論む幕府の巡見使来羽の時が迫る中、旧悪を知る楓たちには藩の魔の手が……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク