文芸書【入荷情報】・ポイズンドーター・ホーリーマザー ・この日のために(上・下) ・秋霜 ・バベル九朔

ポイズンドーター・ホーリーマザー

2016/5/18
湊 かなえ

女優の藤吉弓香は、故郷で開催される同窓会の誘いを断った。母親に会いたくないのだ。中学生の頃から、自分を思うようにコントロールしようとする母親が原 因の頭痛に悩まされてきた。同じ苦しみを抱えた親友からの説得もあって悩んだのだが…。

そんな折、「毒親」をテーマにしたトーク番組への出演依頼が届く (「ポイズンドーター」)。呆然、驚愕、爽快、感動―さまざまに感情を揺さぶられる圧巻の傑作集!


この日のために 池田勇人・東京五輪への軌跡<この日のために> 上・

(角川書店単行本)

2016/4/27
幸田 真音

上)逆境をバネに大事業に挑んだ二人の男!

広島県の造り酒屋に生まれた池田勇人は、大蔵省に入って5年目に全身から膿が吹き出す「落葉状天疱 瘡」という難病に罹り、生死をさまよう闘病の中で退転を余儀なくされた。絶望の底に叩きつけられた池田だったが、奇跡的に同省へ復職、仕事ぶりの卓抜さか ら、主税局長、次官と上り詰めたのち、政治の世界へと身を投じる。時を同じくして、朝日新聞政治部の記者で水泳指導者としても活動する田畑政治は、幻と なったオリンピックを再び東京で開催しようと動き始める――。

下)五輪に託した夢があった!

政治家に転身した池田勇人は着実に要職を踏み、ついに首相に就任。東京オリンピック開催準備の政府責任者とし て、首都大改造、東海道新幹線の建設などを指揮、経済成長を牽引する。しかし、開催直前、病魔が池田を襲う。一方、東京五輪決定を機に組織委員会事務総長 に就任した元朝日新聞記者の田畑政治は、突如湧き起った責任問題で事務総長辞任に追い込まれてしまう。「記憶に残る大会に」「経済成長に弾みを」……。そ れぞれの理想を掲げて奔走した二人。そしてついに「この日」は訪れた――。

秋霜

2016/5/11
葉室 麟

日本人の凛たる姿を示す著者畢生の羽根藩シリーズ、待望の第四弾!

ただ一心に尽くすのみ――

覚悟に殉じた武士。独り耐えるしかなかった女。
その寂寥に心を寄せた、孤独しか知らぬ男。
ひとはなぜ、かくも不器用で、かくも愛しいのか?

一揆から三年、豊後羽根藩の欅屋敷で孤児を見守り平穏に暮らす楓の許を、謎の男
草薙小平太が訪れる。彼には楓の元夫で、大功を挙げた後、藩主・三浦兼清の旧悪
を難じ上意討ちに遭った前家老・多聞隼人と因縁があった。だが、楓と出会った刹那、
小平太の中に一つの想いが芽生える。やがて兼清の罪を断じ羽根藩の改易を目論む
幕府の巡見使来羽の時が迫る中、旧悪を知る楓たちには藩の魔の手が……。


バベル九朔

016/3/19

万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」が誕生! !

俺を追ってくるのは、夢か? カラスか?
作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。

作 家志望の「夢」を抱き、 雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現われ問うてきた……「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」。巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦――心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。 その瞬間、俺はなぜか湖で溺れていた。そこで出会った見知らぬ少女から、「鍵」を受け取った俺の前に出現したのは――雲をも貫く、巨大な塔だった。
万城目学、初の「自伝的?」青春エンタメ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク