「絶望の国の幸福な若者たち・沈黙の町で 」他 本日の入荷情報

マンモスを獲りに行く人、ネズミ捕りを仕掛けて待つ人 単行本(ソフトカバー)

– 2013/10/18
三好 比呂己 (著)

あなたが手に入れたいのは、「目先の成功」か?「幸せな人生」か?「ダメ人間」だった著者は、成功プログラムの実践によって、32店舗年商30億円の中国ラーメン「揚州商人」をゼロから築き上げた!その神髄は「マンモスを獲りに行く生き方」に舵を切ることだ。

絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫) 文庫

– 2015/10/21
古市 憲寿 (著)

格差社会のもと、その「不幸」が報じられる若者たち。しかし、統計によれば8割の若者が現在の生活に「満足」している!その指摘で若者論を一新した古市憲寿の代表作に、新たに約200の脚注を追加。26歳の古市憲寿が描いた「若者」像を、30歳になった著者自身が「答え合わせ」。さらに未来のために各章に追記を加えた、この国と「若者」のすべてがわかる決定版!

沈黙の町で (朝日文庫) 文庫

– 2016/1/7
奥田英朗 (著)

北関東のある町で、中学二年生の名倉祐一が転落死した。事故か、自殺か、それとも…?やがて祐一が同級生からいじめを受けていたことが明らかになり、家族、学校、警察を巻き込んださざ波が町を包む…。地方都市の精神風土に迫る衝撃の問題作。

1Q84 1-3巻セット 単行本

– 2010/5/29
村上 春樹 (著)

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。

人造人間キカイダー (1) (秋田文庫) 文庫

– 2000/11
石ノ森 章太郎 (著)

悪の手により改造されたが、良心回路で、悪と戦うことになるキカイダー。あの名作が、文庫とアニメで同時復活!!

人造人間キカイダー (2) (秋田文庫) 文庫

– 2001/1
石ノ森 章太郎 (著)

良心回路により悪と戦うことになったキカイダーの前に、悪の手先・ハカイダーが出現した!! SFアクション巨編!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク