・考える前に動く習慣 ・宇宙はどのような時空でできているのか

考える前に動く習慣

2016/2/19
枡野 俊明

「あれこれ考える前にまず動く。
そのほうが物事は絶対にうまくいく」――著者

禅僧にしてベストセラー作家でもある著者が伝授する、
もっと前向きで行動力にあふれた人生のつくり方


宇宙はどのような時空でできているのか

016/1/25
郡 和範

ビッグバンからインフレーション宇宙、ダークマター、ダークエネルギー、素粒子理論に超弦理論まで、1冊でまるごとわかる、宇宙論の入門書です。
単 に「最新の宇宙論では、こういう世界が考えられています」というのではなく、どのようにしてその「奇想天外な宇宙論」が出てきたのか、どう考えたためにど のような結論(不可思議な結論でも)が出てきたのか…。著者をはじめとする物理学者の思考方法を絡めながら、「宇宙論」をわかりやすく説明していきます。
想像を絶するような話の数々に「わくわく」すること必至の一冊です!!


CIAの秘密戦争 「テロとの戦い」の知られざる内幕

(早川書房)

2016/2/24
マーク マゼッティ

ピュリッツァー賞受賞記者が、対テロ戦争の最暗部に迫る!
《ニューヨーク・タイムズ》ベストセラー&《ワシントン・ポスト》年間ベストブック選出。

2001年の9・11同時多発テロ後、アメリカの情報・軍事政策は一変した。中東やアフリカの各地で、中央情報庁(CIA)は無人機に頼った暗殺作戦に血 道を上げる準軍事組織に様変わりし、一方で国防総省(ペンタゴン)は自前のスパイ組織を立ち上げ、特殊部隊が正規の戦場の外でテロリストを狩り始める。両 者は互いの縄張りを奪い合い、次第に確執を深めていく――。インテリジェンスと安全保障分野に精通し、CIAと対テロ戦争の最前線を追い続ける《ニュー ヨーク・タイムズ》のトップ・ジャーナリストが、膨大な取材をもとに劇的に変貌を遂げつつある世界最大の情報機関と「影の戦争」の実態に光を当てる。海外 メディアで絶賛を浴びた闇のクロニクル。解説・小谷賢(防衛研究所主任研究官)。


英雄の最期と墓所の事典

2016/2
かみゆ歴史編集部、 柏書房編集部

あの人が最期にいた場所へ、あの人が眠る場所へ―じっくり読めば行きたくなる!日本史上を彩った500人の生歿年月日、享年、終焉の地、墓所、略伝が、この1冊で丸わかり!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク