「自分に合った脳の使い方・ドラッグカラーの空」他 本日の入荷情報

「つまらない」がなくなる本 単行本(ソフトカバー)

– 2016/5/21
鶴田豊和 (著)

学校で教えてくれなかった「つまらない」解消術!「つまらない」発生メカニズムから対処法まで、気鋭の行動心理コンサルタントが、わかりやすく解説。

自分に合った脳の使い方 単行本(ソフトカバー)

– 2016/4/8
石川大雅 (著)

結果を出す人は、自分の「脳のクセ」を知っている。「自分の脳」のクセを知って、天才性を発揮する超実践的「脳力」活用術。

ぐっちーさんの 政府も日銀も知らない経済復活の条件 単行本

– 2016/3/25
山口正洋 (著)

アベノミクスで皆さんの生活はよくなりましたか?政権や御用メディアが流す情報の“ウソ”を見破り、この国の都市と地方を本当に再生するために、人口減社会の「新しい経済」を描き出す。様々な“現場”を持つ人気ブロガーならではの痛快コラム。

戦略は歴史から学べ―――3000年が教える勝者の絶対ルール 単行本(ソフトカバー)

– 2016/3/26
鈴木 博毅 (著)

古代ギリシャから湾岸戦争まで、史上最強の英雄たちが命がけで見出した、思考と行動の全技術。戦略思考、意思決定、情報活用、競争戦略、リーダーシップ、組織運営…他、いつの世も変わらない勝利の法則がある。

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学 単行本

– 2016/3/19
アルビン・E・ロス (著), 櫻井 祐子 (翻訳)

愛、臓器、人気企業への就職、有名大学への進学…世の中には「お金」では買えないものがある。互いが互いを選ぶ「組み合わせ」が必要なのだ。最適・効率的な「組み合わせ」は、どうすれば実現できるか。マッチメイキングとマーケットデザイン研究で世界をリードするノーベル経済学賞受賞者が、従来の経済学が扱わなかった新領域をわかりやすく解説。

筒井康隆コレクションVフェミニズム殺人事件 単行本

– 2016/5/24
筒井康隆 (著), 日下三蔵 (編集)

南紀・産浜の高級ホテル。完全密室の殺人が起きる――長篇ミステリである表題作、ほか「新日本探偵社報告書控」、貴重な短篇を併録。

ドラッグカラーの空 単行本

– 2016/4/14
佐久本 庸介 (著)

「坊主頭が鉛のように重い」
統合失調症を患った伊知郎は、デイケア施設で無為に過ぎていく時間に絶望していた。
そんなとき、社会復帰をめざす希望として、障害者技能競技大会、通称「アビリンピック」の存在を知る。
伊知郎は病気を馬鹿にする弟の弐郎や父に、「お前のような奴が大会に出ても意味が無い」と罵倒されながらも、すがるようにしてプログラミングを学び、地区大会へ出場する。
この日を境に、伊知郎の人生は前進するはずだったのだが……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク